上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月。 梅雨。

この季節といえば、あじさい ですよね。

わたしの住んでいる県でも、あじさい が有名なところがありますが、
そんな 有名なところでなくとも
あちら こちら  に、 あじさい を見かけます。


あじさい にも、いろんな色がありますが、 わたしは
白いあじさい がすきです。

たまたま、近所に白いあじさい を見かけて
すきになったのですが、

そのあじさい が、この前見かけたときには 白の中に
紅桃色 が交じってきていました。

そして今日、見てみたら もう
白というより 紅桃色なあじさい になっていました。


そういえば、あじさい は 色が変わる 
というのを聞いたときがあります。

昔は 酸性雨の影響? と思っていたのだけど、
ちがうのでしょうかね。


まっさらな白から  熱のある紅桃色 へと色を染めたあじさいを見て、
なんだか それが
すっと 自分の中に落ち着いた気がします。


うまく 言えないのだけれど、
内に秘めていた想いが 少しずつ、 溢れてきたような。


飾らず、覆わない  素の、そのままの  白。

表面で見える色は 白 。
染まっていない、 “そのまま” の しろ 。


その中 中心にある色は
温度のある色  血の通った色  ぽっと 頬を染める色。


そんな、内に秘めるものが  どんどん
外に出てきたような。


なんだろ

「やっぱりな」

ていうのが いちばん しっくりくる。

やっぱり 温度があるのですね。



白く 紅桃色な  あのあじさい は

まっさらな中に  体温を感じさせながら

夜道に うつくしく  そこに存在していたのです。



















スポンサーサイト
お気に入りの曲を 携帯に移しました。

そうです。
わたしは -podがないため、
携帯で音楽を聴いているのです。


早速移したお気に入りの曲を聴きながら ふと、

「自分らしいなあ」 

と、思いました。


その曲の何が好きかって、メロディもそうだけれども

歌詞がすごく すきなのです。


そんな わたしのお気に入りの曲は、
児玉奈央さんの  MAKER  に入っている  たいふう  です。


この曲で奈央さんが歌っていること

すごく、自分が感じてることと ぴったりくるんです。

この曲を聴いたときに、 
「ああ、あたし こんなこと 感じてるな、無意識に」
って 思ったのです。

奈央さんが選ぶ言葉も すきです。



そのひとが すきな曲は、やっぱり そのひと らしい し、

そのひとが使う 言葉も  語ることも  全部、 

 そのひと らしさ 。



ふと、 自分らしいこと そのひとらしいこと  って、

 いいなあ 


って、思ったのです。




似ていても、違っても、 

自分にしかない あなたにしかない

  らしさ 。


なんだか、 いいなあ 





  * *    *










今日、アイスを食べた。


ブルーベリー ラズベリー クランベリー

3種のベリーに ミルクがマーブルになったもの。


だけど、



今日のわたしは チョコミント だったのに。



甘酸っぱさなんて  やわらかい優しさなんて  
今日はチガウ。




チョコミントが、よかったのに。


甘さも やわらかさも 今日は
違かったのに。













日々、沢山の 衝動 を感じています。

だけど、その 瞬間 瞬間 を

うまく

言葉にできていない 今日このごろ。


だけど、いつものように

繰り返し感じているから きっと

もうすぐ、

  きっと

   ぽつぽつ ゆるりと


ここに 綴ることができるんじゃないかなと 

思います。


そんなこと言って 忘れてたりして  笑



一日 一枚

わたし  が 記された紙を 綴っていけたら

それが集まったノートの表紙は 何色になるのでしょうか。


ふむふむ。



最近、また

出逢いは必然だったんだな という時間を過ごして。

いつも そんなことを思うから。

そんな  てん、  が、

時間が あつまっていくから

気持ちが  本当  になっていく。


その日、またしても 

くるくる 回って
ぴょんぴょん 跳ねて

にっこにこ に  わらったのです。


きっと また 

同じことを言いたくなるでしょう。


そう、今思っていることと
そう、今、これからのことを思えること。



それって、なんて…



ああ、 だめだ。

また、 同じことを言うから。


同じような 言葉でしか言えないことに 時々、
ちょっぴり
落ち込んだりする。


「あたしって、語彙力ないな~」



だけど、


 それ が、 自分の ほんとう の気持ちなわけで…

一生懸命に探して 探した、 本当 なわけで…




…ああ、 じゃあ、しょうがないな。


うん


おなじ 気持ちを  何度も 言おう。



何回も 何回も

うれしすぎる気持ちになろう。


その度に、

何回感じても、何回言っても飽きることのない  おなじ  を


表現していきましょう。









| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。