上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしは 古いものがすきです。

正確に言うと、 アジ のあるものが すきです。


洋服でいえば 古着好きですし、

ものでいえば 骨董好きであります。


古着は 中学からの愛友の影響

骨董は 父の影響

そんな背景があるように思います。



ある 古いもの好きの作家さんが

「古いものには 新しいものにはない パワーを感じる」

と、古いものの魅力を語っていました。


確かに、古いものって 独特の空気を放ってますもんね。

それは、新しいものに 古っぽい加工をしたところで

出せる味わいではないのかも。



そんな 独特の味わい が好きなわたしは、

最近は 自分で古くしていくことって いいなあ と思っています。


高校のときから履いている (もしかして中学かも??)

お気に入りの靴があります。

今で 7年目になりますかね。


そんな月日が経っているので、踵部分は大分減っていますが
まだまだ ご健在です。

7年目にもなると スウェードも くたっ となって よい感じです。

それを、こないだ 靴屋のかわゆいおねーさんに褒められたもんだから 
上機嫌 ♪


大学2年くらいのときに買ったジーパンは

沢山はいて 洗濯も沢山してるから  

とても いい具合に色が落ちています。

元々は、全く色落ちなんぞないものだったから 元の色を思い出すと
大分はいたんだなあ ということに気付きます。



相変わらず、
今の時点で 既に 雰囲気のあるもの はもちろん好きだけれども

自分の肌に馴染ませながら 雰囲気をつくっていく。

それって、いいなあ   なんて 思うのです。


やっぱり、

気に入ったものは 永ーく  大切に してゆきたいなあ




そう 思うから  ひと目で ビビビ ! 以外は

すごく すごーく  だらだら

迷うんだよなあ  笑


 












スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。