FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 好きなものは いつかあきる』
『 好きじゃなかったものが いつか 好きになるでしょう 』


だいすきな、ウィスット・ポンニミット こと、タムくんの言葉。

この言葉、

 うんうん、そういうこと あるなあ。

そう、納得してしまいます。


わたしは、昔 あんこは こしあん派でした。
そばより、うどん派でした。

それが今じゃ、粒あん派だし そば派です。

別に、こしあん も うどん も、嫌いになったわけじゃないです。
だけど、粒あんの方が、そばの方が 今は好む。
もうたぶん、そっちの方が好きな期間が長い。

『好きじゃなかったもの』
とは言わないけれど、 興味がなかったもの が、
そっちの方が 後々振り返ってみると、
自分にしっくり定着している部分があります。

もちろん、ずっと好きで、それが変わらないものもあるけれど。


食べもの と 人を、一緒にしていいのかわからないけれど、
人についても、言える時もあります。


『 好き じゃなかった… ひとが、いつか 好きになるでしょう 』


そういうことも、ある と思う。


反対に…


『 好きだったひとが、いつか 好き じゃなくなる 』


そんな、ことも、  ある、 よなあ。
ね。


そんなこと言っても、 変わらない こともあるから。


うん、何が言いたいのか わからないけど 笑
当然の、自然のことを並べているだけだけど。




変わることも あれば、
変わらないことも ある。


そんな当たり前のこと。

変わるけど、 変わることを恐れずに。


“絶対”なんて、存在しない そう思うけど、
“変わらない”ものは、あると 心から言えます。

変わることがある中で、変わらないものがあるならば
変わりたくないもの が、あるならば
それは、

自分にとっての ほんとう な 一部かもしれないね。




あ、タイトルから なんかずれちゃった 笑












スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。