上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、わたしは、恋 を、
していたんだな。
して… 
いるんだな? 
いた…?

そう、はっきりと自覚する。


近付きたくて…
でも できなくて…

近付いたと思ったら、
今度は自分が素直になれなくて…


近いようでいて、
やっぱり遠い、の かな。
わたしたちは、重なることなんて、ないのかな。



告いたくて。
でも…

結局、告わないことを選んでいる。


あの人には、どう、映っているのかな。



告わないことも、ひとつ、わたしの選択。

告わない想いも、まぎれもなく、
恋。

そんな恋があったって、いいじゃないかよ
そんな風に思うようになった。


どんな形がいいのか…
どこへ向かうか…
また、近付くこともある? もう、このまま離れるだけ?

色んな想いが交差する。


どこへ…


わからないけど、認めたの。
こんな形の、どうにもこうにも行きやしない、
正真正銘の わたしの恋。







必要なものだけ、

あればいい。










今日も
明日も
あさっても


きみに、

会いたいんだ







その笑顔が、


わたしを あなたを


すきだ と、言っている。











 ワタシを、
 丸裸にする。


 そんな ともだち。





RMN1999.jpg




 

« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。